ホーム 基本政策 プロフィール ご 挨 拶 活動履歴 お問い合わせ

ホーム > 活動履歴

公共施設は0円で!

市民病院の
負債 約43億円
+50億円の建設費 → 住民投票を!

学校給食
センター 建設費
25億円 → 0円で!

岡山市&
ゴミ焼却場 建設費
25億円 → 0円で!


うの俊市Q4
玉野市の経常収支比率の改善は人の多さですから、
〇市民病院(230人(内正職員117人)については、現在約43億円の負債+新病院建設費用が約50億円=約100億円

【建設費0円・世界標準の三豊市のゴミ処理施設】
ら、公営か民営かと言う前に、病院の存続、診療所化等々、必要性について、住民投票に委ねるべきではないか?
〇消防署(120人)の岡山市との一部事務組合化?
〇市立保育園の民営化?
〇市立商業高校、市立定時制高校の、県立玉野高校への編入(67人)?
〇市民会館、市庁舎等は、世界標準のPPP(公民連携)活用による複合施設の建設で、極力税金は使かわない、0円で。
〇ゴミ焼却場を、現在岡山市と一部事務組合化を玉野市の出資金25億円で計画しています。
しかし、ppp手法で行えば、玉野市の出資金(建設費)は0円で、ゴミ代(1トン、2万4800円)の負担だけです。
〇学校給食センターも、PPP手法で行えば、玉野市の建設費は唯(0円)で、一食いくらの給食代のみです。
〇委託事業やイベント事業への補助金の大幅カット
これぐらいのリストラで、玉野市の収支比率はどのくらいになると試算されますか? 御所見をいただきたいと思います。

経常収支比率
1%の抑制に
正規職員8人
(6,400万円)の 削減が必要

政策財政部長A4
本年度作成いたしました平成28年度から32年度までの向こう5年間の中間財政試算では、平成32年度の経常収支比率は101・3%(105%・臨時財政対策債含まず)まで悪化するとしたところであります。

議員御指摘のように、玉野市の経常収支比率の改善は人の多さということでございますが、確かに本市の人件費はこうした経常収支比率を悪化させる要因の一つとなっていることは認識してございます。

一つの目安といたしまして、本市の経常収支比率を1%抑制するためには、約一億4500万円の経常経費充当一般財源の削減が必要でございまして、正規職員一人当たりの人件費を約800万円と仮定すると、経常収支比率一%の抑制に約8人の人員削減が必要となります。
本市といたしましては、今後、市民病院の経営改善や幼保一元化、消防出張所の再編など、新たな行財政改革に掲げた各項目を全力で邁進し、徹底した経常経費充当一般財源の削除を図ることにより、98・0%まで抑制する計画案としてございます。
また、長期的な視点といたしまして、32年度以降も将来にわたり安定した財政運営を行えるよう、引き続き財政健全化の取り組みを継続的に実施することで、10年後の平成37年度の経常収支比率を95・0%まで抑制する目標もあわせて掲げてございます。

うの俊市Q5①
市長の30年後の玉野市のビジョンをお示しいただきたい?

市長A5①
本市におきましても他自治体と同様に、人口減少、少子高齢化による社会保障関係経費の増加や税収の減少による財政状況の悪化といった大きな課題に直面しているところであります。
こうした環境を背景を平成28年1月に玉野長期人口ビジョン玉野創生総合戦略を策定し、中長期的な人口の将来展望を描き今後取り組むべき基本的な施策を打ち出したところであります。この人口ビジョンは30年後、50年後、一〇〇年後といった長期的将来像を見据えた目標推計により人口の一定規模での安定化を目指すものであり、その実現に向け総合戦略に位置づけその施策に取り組むとともに各指標に基づく検証を行いながら成果の向上につながるよう柔軟な施策の見直しを行う事としております。
一方財政面におきましては、厳しい財政状況を背景に平成29年2月に新たに玉野市行財政大綱を策定したところであります。本大綱におきましては、本市の課題を明確にした上で中期財政試算に基づき経常収支比率の改善及び基金不足を解消するための5年後10年後を見据えた目標を掲げたところであります。
また、この目標を達成するための具体的な手法として実施計画に各項目を位置づけており、これらの取り組み項目の多くは公共施設の再編をはじめとした本市における課題に対して抜本的な体質改善を行うものであり、これらの改革の実現により中長期的に安定的でかつ持続可能な行政運営を行って行くための財政基盤を構築することとしております。このように玉野長期人口ビジョンに基づく人口の将来展望を描くとともにこれらを実現するための総合戦略に位置づけた施策展開に必要な財源を確保していくために新たな行財政改革による抜本的な体質の改善を図ることとしており、正にこれらの方針に基づき長期的なまちづくりのビジョンを描いていくものと認識しております。


  • Posted at 14:37:52 by うの俊市(2019-01-02 (水))

Return to page top