ホーム 基本政策 プロフィール ご 挨 拶 活動履歴 お問い合わせ

ホーム > 活動履歴

玉野市の再生は可能か?

タイトル日本の再生は可能か?の続きから

玉野市の財政を考えてみると、忍び寄る二つの高齢化問題があります。
(1)人口の本格的な減少
① 働き盛りが減少 → 税収が減少。
② 高齢者が増加 → 扶助費(老人医療費等)の増加。
③ 加えて、三位一体の改革によって、国が破綻状態にあるから、
交付金はじめ、国庫支出金等を、減少させています。
全体の収支はどうなる?
∴ 玉野市の財政の圧迫 です。

(2)さまざまな施設の高齢化
① 市民会館は耐用年数 を超えている。
② 10年後には、市庁舎 はじめ、ほぼ全ての施設が耐用年数を超えると思われます。
施設の老朽化がもたらす財政への影響について質問します?

政策財政部長A①
まず、公共施設の更新に必要な費用についてでございます。
本市の公共施設は、延床面積で約27万5000平方メートルあり、国が提供しております試算ソフトを活用し、設置から約30年で大規模改修、約60年で更新するという条件のもと試算したところ、今後40年間で約1,179億円が必要という結果となってございます。そのため、一年当たりに割り戻すと約30億円という試算になってございます。

みると、忍び寄る二つの高齢化問題があります。
(1)人口の本格的な減少
① 働き盛りが減少 → 税収が減少。
② 高齢者が増加 → 扶助費(老人医療費等)の増加。
③ 加えて、三位一体の改革によって、国が破綻状態にあるから、交付金はじめ、国庫支出金等を、減少させています。

全体の収支はどうなる?

∴ 玉野市の財政の圧迫 です。

(2)さまざまな施設の高齢化
① 市民会館は耐用年数 を超えている。
② 10年後には、市庁舎 はじめ、ほぼ全ての施設が耐用年数を超えると思われます。

施設の老朽化がもたらす財政への影響について質問します?

政策財政部長A①
まず、公共施設の更新に必要な費用についてでございます。本市の公共施設は、延床面積で約27万5000平方メートルあり、国が提供しております試算ソフトを活用し、設置から約30年で大規模改修、約60年で更新するという条件のもと試算したところ、今後40年間で約1,179億円が必要という結果となってございます。そのため、一年当たりに割り戻すと約30億円という試算になってございます。

  • Posted at 14:16:16 by うの俊市(2019-01-01 (火))

Return to page top